健康経営への取り組み

HOME > サステナビリティ > 社会への取り組み > 健康経営への取り組み

当社ビジョンである「21世紀型企業への変革」を進めるためには、
社員一人ひとりが心身ともに健康で、活力溢れることが不可欠です。
従業員の健康維持・増進に取り組み、生産性向上、業績向上へと繋げていきます。

健康経営宣言

セーレングループは、仕事を通じ、社員とその家族の豊かな生活を実現することを目指し、社員一人ひとりが心身ともに健康で、「のびのび いきいき ぴちぴち」と働くことができる環境づくりに取り組むことを宣言します。

健康経営体制

人事担当役員の下、人事労務部を中心に、健康保険組合、健康管理室、ESG推進部(働き方改革ワーキンググループ )が協働し、安全衛生委員会の協力の下、施策実行に取り組んでいます。
働き方改革ワーキンググループは、ESG推進部が中心となるワーキンググループの1つです

主な取り組み

疾病の予防・早期発見

がんを代表とする様々な疾病は、まず予防、そして早期発見・早期治療が大切です。少しでも早い段階で体の異変に気付けるよう、予防と早期発見に取り組んでいます。

  • 被保険者 定期健康診断・特定健康診断 100%実施
  • 精密検査受診率向上のための受診勧奨
  • 生活習慣病予防・改善のための特定保健指導実施(40歳以上)
  • 人間ドック費用補助(35歳以上)
  • 各種がん検診実施・費用補助(胃がん、子宮がん、乳がん、前立線がん)

感染症予防対策

新型コロナウイルス、インフルエンザ等、感染症予防のために、以下の施策を実施しております。

  • 新型コロナウイルス対策
    • 新型コロナウイルスワクチン職域接種実施
    • マスク配布
    • 飛沫防止パーテーションの設置
    • 手指消毒用アルコール・検温計の設置
    • 出社前の体調チェックの徹底
    • テレワーク、フレックス制度の活用による出社人数の抑制
    • 会議時間の短縮推進、会議室使用の際の上限人数設定
    • 感染時の出社規則など、社内規則制定による感染拡大防止 等
  • インフルエンザ対策
    • インフルエンザ予防接種 費用補助
    • インフルエンザ予防接種 集団接種実施 

メンタルヘルスケアの推進

様々なメンタルヘルスケアにより、予防、不調者対応、復職サポートに取り組んでいます。

  • 社内研修にて、メンタルヘルス教育実施
  • 新入社員に対し、ブラザー・シスター制度による月1回の面談実施
  • 産業医として心療内科専門医を選任
  • 希望者に対し、月1回、産業医(心療内科専門医)面談実施
  • リハビリ勤務による職場復帰支援
  • 復職者への定期面談実施

喫煙率低下への取り組み

たばこは脳卒中をはじめ、多くの疾患に関係しています。健康のため、禁煙のサポートを行い、禁煙を推進しています。

  • 就業時間中の完全禁煙(2012.4~)
  • 会社敷地内の完全禁煙(2014.10~)
  • 卒煙応援キャンペーン実施
  • 社内ニュース、社内報等を利用した禁煙推進

取り組み実績 

   2020年実績 2021年実績 目標 
定期健康診断受診率 100%  100% 100%
精密検査受診率 94.0% 100% 100%
ストレスチェック受診率 94.7% 97.7% 100%
所定外労働時間 1時間 0.3時間 0時間
 喫煙率 24.5%
23.4% 20%以下